ダイレクトメールはどの家庭にも届きますが、見てもらう事ができる確率はどのくらいあるのでしょうか。見てもらう事ができなければ内容を把握してもらう事ができませんし、送った意味もなくなってしまいます。ダイレクトメールを見てもらう事ができる確率は1割程度と非常に少ないです。1000通送っても100通しか見てもらう事ができません。しかしこの1割が大事です。1割の方が内容を見て利用してみたいと考えれば売り上げなどに繋がります。また1度利用してくれた方が、その後も利用してくれる可能性もあります。見てもらう工夫をするとそれだけ効果が期待できます。どうやったら多くの方に見てもらう事ができるのかは素人目線ではわかりませんが、自分だったらどのようなデザイン、レイアウトのダイレクトメールに興味を持つか考えてみると良いでしょう。

ダイレクトメールの発送料金について

ダイレクトメールを送る際は自分で送るのではなく、専門の業者に依頼をする事が多いです。自分で行う事もできるのですが、膨大な時間もかかってしまいますし、身近な部分しか行う事ができないので、効率があまり良くないです。専門の業者に依頼をする際には費用がかかります。送る枚数にもよって料金は変わってきますが、サイズの部分を気にするようにしましょう。サイズによって料金が変わってきます。大きければ大きいほど費用も大きくなります。必要な情報はどれくらいあるのかなどを考えておかなくてはなりません。実際にダイレクトメールを作成する前に自分でレイアウトを考えてみるなど費用を抑えるための様々な工夫ができますので、しっかりと考えてみましょう。なるべく安い方が費用もかからないですし、売り上げに繋がった際の利益も大きくなります。

ダイレクトメールを見てもらう工夫について

ダイレクトメールはどのようにすれば見てもらう事ができるのかを考えましょう。ハガキサイズの物で送る場合はあまり工夫をする事ができないので、そのまま送るしかないのですが、それ以外のサイズでダイレクトメールを作成する際にはある工夫をするだけで、見てもらう事ができる可能性が上がります。使用する物は封筒になります。封筒に入っている物は開けなければ中を確認する事はできません。また封筒に入ってる物をそのまま捨てると言う方は少ないので、かなりの確率でダイレクトメールを開いてもらう事ができます。どんな内容かを確認する際に目を通してもらう事ができます。興味がある方はそのまま見てもらう事ができます。これで利用してもらう事ができなくても店の名前や企業名を見てもらう事になります。宣伝の効果には十分な役割を果たしてくれます。

DMでお困りのご担当者様に朗報!DMパックなら印刷、印字、郵便料金までまるごとおまかせいただけます。 圧着ハガキの印刷・発送ならDMパックへおまかせ! ダイレクトメールのデザイン制作、申請手続き、発送代行までOK。DMパックならまるごとお任せ! DM作成でお悩みのご担当者様!まずはお電話下さい。 お電話でのお問合せは平日月曜日から金曜日までの9時~19時まで受付中です。 ダイレクトメールならDMパックへ

Top