You are here
Home >

インテリアの印象を大きく左右するのがソファーです。リビングでも主役といってもいいその存在感は高級なものであればあるほどリビングを引き立たせてくれます。高級なソファーには、とりもなおさず高級素材が使われていることが多いのですが、高級なソファーは単に素材だけで選ばれるものではありません。高級素材ソファーを選択する場合の3つのポイントについて考えてみたいと思います。まずは張り地です。ソファーのイメージを決定づけていくのは何と言っても張り地の素材です。高級素材商品では本革、ファブリックがその主流となりますので、基本的にはライフスタイルで選んで購入していけばいいわけですが、それでも選択にあたっては気をつけるべきことがあります。高級な牛革を使用した素材は高級感や肌ざわりの良さが魅力ですが、汚れを放置すると痛みやすくこまめな手入れが必要になります。

またファブリックでも天然素材を使った凝った織物を使った商品も多く発売されています。ただ、革に比べると耐久性が低く、汚れが染込むとかなり落しにくいものになります。こうした商品は使ってこそ意味がありますので、使い込んでも手入れのしやすいもの、また最悪表面素材を交換できるようなタイプを選択していきますと安心です。次に重要なのがスプリングです。表面素材もさることながら、座り心地を決めるのはその中に入っているスプリングとクッションです。こうしたものは素材ごとに特徴が異なり、組み合わせによっても座り心地はかなり異なります。Sバネと呼ばれるS字形をしたばねはコイルスプリングに比べて控えめですが強度があり、比較的安い材料なので多く使われています。ウェビングテープは糸にゴムを浸透させた帯状のゴムベルトをあじろ状に張ったもので軽さや静音性にすぐれ、しなやかで弾力性があります。コイルスプリングは渦巻き状のばねで体にフィットする柔らかい弾力が特徴です。これが使われていると隣の人が立ったり座ったりするのに影響を受けません。購入の際にはこうした素材をチェックするといいでしょう。クッションはウレタン、ポリエステル、フェザーとあり、フェザーが一番高級です。

侮れないのはフレームの問題で、殆どのソファーのフレームは木で出来ていますが、スチールやウレタンのみで出来ているものもあります。耐久性はやはりスチール入りのものになりますので、こちらも購入時に素材を確認されると良いと思います。高級素材のソファーの場合でも最終的には座り心地が一番の選択ポイントです。なっとくした素材のものを最適な価格で手に入れられると満足度も高くなります。

コメントを残す

*

Top