さいたまでの会社設立!税理士6選

home > さいたま会社設立について > さいたま会社設立する時に大切なこと

さいたま会社設立する時に大切なこと

 さいたま会社設立を行う時には、事前の準備が必要になります。
まずは、会社設立の手続きを行う発起人を決めることが大切です。
発起人というと、会社の責任者というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、それは違います。
発起人は会社を設立する時だけ、会社の手続きや出費を行う人のことです。
そして、会社名を決めることが必要になります。
基本的に自由に決めて構いませんが、そこにはいくつかの決まりがあります。
名前を決めたのに、後から変更を余儀なくされる場合もあるので、まずは会社の名前を決める時に必要な決まりについて知ってから名前を決めることが必要です。
そして、会社名が決まったら次に印鑑を作る必要があります。
その理由は、会社を設立した場合には登記手続きが必要になるからです。
更に、登記申請を行う際には印鑑を一緒に提出する必要があります。
会社を設立する時には、必ず用意しておきましょう。

 さいたま会社設立を考えていても、難しい手続きが必要だったりと、スムーズにいかないこともあるでしょう。
また、場合によっては法律に詳しくなければ難しいということもあります。
そんな時に相談出来るのが弁護士です。
会社設立に必要な書類の作成や提出を代行で行ってくれるので、書類の不備が起こりにくく、スムーズな手続きが可能になります。
また、会社を設立するにあたりわからない点を相談することも出来るので、リスク回避にも繋がります。
法的なリスクを未然に防ぐことにも繋がるので、また、会社を設立した後も顧問弁護士として末長く付き合っていけることも考えられます。
さいたまには、会社設立に詳しい弁護士がいる弁護士事務所はたくさんあります。
まずは自分と相性が良い弁護士を見つけることが大切です。

 さいたま会社設立には定款を作成する必要があります。
定款というのは、会社を設立するにあたってのルールのようなものです。
何を記載するのかというと、どのような目的で会社を作るのかを書くことです。
会社の信頼を得るためにも、必ず作成しておきましょう。
ですか、企業によっては色々な業種を行っている場合もあります。
どの業種を書けば良いのかわからないという人もいるでしょう。
ですが、定款に書いていない業種を行うことは出来ないという決まりがあります。
この場合、行うすべての業種を書くことが必要なのです。
将来的に行うことが考えられる業種は記載していないと、出来なくなる可能性も考えられます。
いつかは新しい事業を始めようも考えている人や、事業展開をしたいと考えている時には、定款に書いておく必要があります。

次の記事へ

ページトップへ